ファブレスメーカーでのISO9001取得コンサルが増えています

ファブレスメーカーでのISO9001取得のコンサルティングが増えています。

最近では、工場のないファブレスメーカーもISO9001を取得するニーズが出てきてています。

理由は2つあると思います。

1つは、ファブレスメーカーの数が増えていること。

近年、工場を持たないメーカーが増えていますね。企画や開発設計を自社で行い、製造部分は、外注に依頼したり、海外の工場で製造するといった事業をしている企業が増えています。

工場をもたないことで、資金や資源的にも気軽に事業が立上げられること、アジアを中心に製造を依頼できる工場が増えていることも関係があると思います。

もう1つの理由は、

ファブレスメーカーの増加に伴い、ファブレスメーカーと大手企業との取引きが増加していること。

ファブレスメーカーの企画力、開発力、生産力(生産ネットワーク)が高くなって、大手企業と取引きが増えています。

これまで当社に認証取得のコンサルのご依頼があったファブレスメーカーのほとんどが、大手企業と取引きをするにあたり、ISO9001が必要になったとのことでした。

 

日本国内の製造業では、大手企業と直接取引しているメーカー工場では、そのほとんどがISO9001を取得していると思います。

大手企業では、商社に対してもISO9001の取得を要求しているケースがあるので、ファブレスメーカーにもISO取得を要求するのは必然の流れかと思います。

 

認証取得の方法、品質マニュアルの作成

製造工場をもたないファブレスメーカーがどのように品質マニュアルを作成し、ISO9001を取得するのか...

 

ISOはどんな業種業態でも取得できるシステム規格なので、各企業の事情に合わせてシステムを構築することになります。

なので、工場がない自社の活動そのままをシステム構築(ルール化)すれば良いだけです。品質マニュアルはどんな業態の企業でも問題なく作成できます。

 

システム構築について、当社のコンサルティングではお客様の既存の仕事のやり方をそのままルール化(マニュアル化)することを方針としているので、新しい特別なシステム(ルール)ができる訳ではありません。

品質マニュアルを作成する際も、仕事のやり方をヒアリングした上で代理作成します。

「明日からこの品質マニュアルの通りに仕事をしてください」といった新しいルールを押し付けるようなことはありませんのでご安心ください。

 

ISO支援ネット

 

商社でISO9001・14001を取得する場合の考え

【商社とISO】
近年、商社を営んでいる企業様よりISO取得コンサルのご依頼をよくいただくようになりました。

ひと昔前まで、ISO9001は工場を持っている製造業が取得する国際規格というイメージがありました。ISO14001の環境規格も同様にです。

しかし、最近、商社でもISO9001、ISO14001の取得を取引先(お客様)から求められることが多くあるようです。

大手企業と取引するにあたっては、商社でもISO9001は取得していて当たり前の時代になりつつあります。

 

【なぜ大企業はISOを要求するか】

なぜ、大手企業は、商社を含めた取引先(仕入先)に対して、ISO9001や14001の取得を要求するのでしょうか。

大手企業では商社を含めた仕入先の評価と管理を実施しています。
万が一、仕入先の工場の生産の停止や、仕入れた部品の不具合、リコールなどの問題が生じた場合、大手企業にとって被る損害や影響は計り知れません。

大きな問題が発生しないように、商社や仕入先メーカーを厳重にチェックする必要があります。仕入先が商社であっても、その商社がどこの工場から製品を仕入れているか、商社が仕入れている工場まで監査に行くこともあります。

大手企業は、仕入先起因の問題が生じないように、仕入先でしっかりとした生産活動、管理活動、事業活動をしていて欲しいのです。

そこで登場するのがISOです。

ISO9001は製品(サービスを含む)が出来上がるまでのプロセスを管理する国際規格です。

ISO9001を取得していることは、最低限の管理プロセスが構築され運用されているが、審査機関・認証機関より認定されます。

大手企業としては、自ら仕入先の監査に行かなくても、ISOの審査機関が自社に代わって管理プロセスを審査をしてくれることになります。

 

ISO14001も同様に、大手企業としては、環境に配慮した企業と取引きすることが昨今のスタンダードとなっています。
仕入れる製品に環境有害物が混入していたり、仕入先の生産過程であっても、そこで排出される廃棄物や汚水、排気ガスについて法令違反が発覚すれば、自社ブランドを傷つけるリスクがあります。

こちらも9001と同様に、仕入先がISO14001の認証を取得してくれれば、一定の環境管理の仕組みが構築されるていることや、法令順守について審査機関がチェックをするので、自社で監査をする必要性が小さくなります。

 

大手企業もISOを取得しているので、仕入先や商社がISOを取得すると、管理水準は異なるにせよ、共通のシステムで生産活動、管理活動が実行されることになります。

 

大手企業と仕入先において両社がISO9001を取得すると、共通の品質管理の考えが根付くわけです。

当社がISO9001のコンサルティングをした企業様から、
「ISO9001を取得して、今まで顧客が要求していたことの意味がわかった」
ということをよく聞きます。

 

【商社がISOを要求される理由】
商社の話に戻ると、なぜ最近になって商社でもISO9001を取得する企業が増えたか、それは、製造業ではISO9001が当たり前になり、品質管理の考えが根付きつつあるなか、大手と仕入先メーカーの間に入っている商社だけが、品質管理の考えが不足していることが露見し始めたからです。

その溝を埋めるべく、大手からの要求がきっかけでISO9001を取得する企業が増え、当社にも商社関係の企業からご依頼を多くいただくようになりました。

 

【商社でISOは大変なのか、間違いと偏見】(是非、お読みください)
商社がISO9001を取得するとなると、社内で「大変だ」「面倒だ」という声が聞こえてきそうです。

実際に、私が過去にISOコンサルティングさせていただいた商社では、どの会社でも社内からISOに対する否定的な声がありました。

ISOに対するネガティブなイメージがあるのは、これまで取引先(大手企業)から事あるごとに品質管理の要求が増え・強まり、うんざりされていることも原因かと思います。

「ISOを取得するとなると、今でも大変なのに、今以上にもっと大変になる!」

商社で働く方々、特に営業の方々は、自社がISOを取得すると聞くと、歓迎される方もいらっしゃる一方、「恐怖」が増す方も多いはずです。

 

「ISOを取得すると大変になる」それは間違いで、ISOを導入すると負担が増えるというのも偏見です。

一般的に、大手企業が要求する品質管理の水準は、ISO以上です。
ISO以上である顧客要求に、これまで応えてこられたのでしたら、ISOなんて怖くありません。

ISOを取得すれば、これまで顧客から品質管理について厳しく要求されていたことも「当社はISO9001を取得しています」という一言でクリアできることにもなります。

 

しかし、ISO取得によって負担が増えている商社もあるのは事実だと思います。それはISOの導入の仕方が悪かったことが原因です。

 

ISO導入に際して、顧客やコンサルタントの言いなりとなって、大手企業と同等の高い品質管理レベルでルールを構築する企業もあるようです。それは絶対にお奨めできません。

 

【システム構築の仕方に要注意】
ISOを取得するのは大変ではありません。ISOを取得するからといって、今の仕事のやり方を変える必要はほとんどありません。

商社だからと言って品質管理を全くやっていないわけではないと思います。何らかの管理や品質向上に努めているはずです。

ISO9001の導入し取得するためには、商社としてどのような管理をしているか、今の仕事のやり方を明確にして、今まで通りの仕事をするだけで良いのです。

しかし、ISOでは、「あんなことをしないといけない」「こんなことをしないといけない」とこれまで顧客や仕入先の間で見聞きしたことを思って不安に感じられる方も多いと思います。

また、実際にISOが足かせになっている商社をご存知の方も多いと思います。それは、身の丈に合っていない過剰なシステムを構築したからです。
製造業であれば製造業として、商社であれば商社として自社の身の丈にあったシステム構築と運用をすることがISO導入の大切なポイントです。

 

ISO支援ネット

 

ISO9001:2015への移行の考え方「新たなISO活動を追加しなくてもいい」

ISO9001とISO14001は、それぞれ2015年に規格改訂(規格改正)が行われ、それぞれ2015年版が発行されました。

すでにISO9001、ISO14001を取得している企業は、2018年までに審査機関の移行審査を受けて、認証内容を2015年版に変更する必要があります。

 

この度、弊社がISO9001の認証取得のコンサルティングをさせていただいたお客様が、旧規格の2008年版からISO9001:2015への移行審査を受けるということで、

 

その移行準備のお手伝いもさせていただき、先日、移行審査がありましたので、立会い同席させていただきました。

 

ISO支援ネット

 

移行審査は、当然ですが、2015年版として規格改正された部分、つまり、
新たに追加された要求事項や、
大きく変わった要求事項に
焦点を当てて審査し、
その企業の品質マネジメントシステムが、2015年版の規格要求を満たしたルール作りができていて、運用ができているかを審査します。

 

ISO業界では、2015年版になって規格要求が大きく変わったので、移行審査は大変だと話す方もいらっしゃいます。

弊社では全くそう思っていません。

確かに、規格の文面では新たな要求事項が追加され増えているようにも思いますが、

2015年版に対応・移行するために、新たなISO活動を追加する必要なないと考えています。

 

一般に商売が成立している企業であれば、これまで通り、通常で活動していることで、2015年版の要求事項を満たすことができると考えています。

 

今回、お手伝いした2015年版の移行でも、ISO9001:2015版の規格要求を満たすために、新たに追加した活動はありません。

規格要求では、要求事項として、新たな追加要求が出ているので、それを満たすためのルール作りは整備しましたが、新たな活動は一切していません。

もともとある2008年版の品質マニュアルは、2015年版に対応した品質マニュアルに全面改訂はしました。

これに伴い、2015年版の要求事項を満たしていることを示す、品質マニュアルにリニューアルしましたが、実際の企業活動はこれまでと同じ活動のままです。

 

移行審査では、審査員が追加された要求に対応するために、どんなことをしているかと、いかにも新たな活動が追加されていることを期待しているようでしたが、

 

この要求には、これまでしていたこの活動が該当します。品質マニュアルにも、そのことを書いています。と回答しました。

審査員の方も、それを理解していただき、改善のための不適合ではない指摘はありましたが、移行に対して大きな不足はないとの評価をいただき、

問題なく2015年版に移行することができました。

 

弊社の考えですが、

ISOのためのISO活動は止めましょう。卒業しましょう。

ということです。

 

今回、移行審査を受けた企業とは別のお客様ですが、

その企業は、弊社とは別のコンサルティング会社の支援を受けて認証取得をされ運用されていましたが、

今回、2015年版に移行するため、弊社に移行の支援依頼がありました。

現在、進行中です。

ISOのためだけの活動や文書がありましたので、「それはもう止めましょう」とご提案させていただきました。

お客様も、弊社に移行の依頼をされたのは、余計なISO活動を辞めるのが目的でもあったようで快諾していただき、

ISOのためだけになっている文書や活動は一切止める方向で、ルールづくりが出来たところです。

つまり、「日常業務活動=ISO活動」の品質マニュアルに作り直しました。

近く、内部監査をして、数か月後にはISO9001:2015年版の移行審査を受ける予定です。
 

ISO支援ネット

 

ISO9001の目的を解説、テーマは「儲かるISOとは」

儲かるISO9001を考える。

ここでいうISOとは、ISO9001:2015「品質マネジメントシステム」のことです。

ここでは、ISO=ISO9001としてお話したいと思います。

 

JAB(日本適合性認定協会)が認証しているISO9001取得組織は、日本国内で50,000件を超えています。

そのうち、ISOが経営に役立っている企業はどれくらいあるでしょうか。

お客様との取引を維持する上で、ISOが必須といった企業もあり、そういう意味で何らかの取得メリットがあって維持されているかと思いますが、

ISOを導入していることで、その品質マネジメントシステムとしてのルールや仕組みが有効に、効果的に機能している企業はどれくらいあるでしょうか。

50000件ある組織のうち、システムとして役に立っている企業は、そこそこあるのではとも思いますが、

事業として商売として、儲けにつながっている企業は少ないのではないでしょうか。

 

弊社ISO支援ネットは、ISO9001の規格要求の意図のひとつある「顧客満足」ということに主眼をおいてコンサルティングや内部監査員研修を実施しています。

 

ISO9001では、品質マネジメントシステム要求事項において、組織が仕事をする上で様々な要求を突き付けています。

その要求を出す目的のひとつは「顧客満足」のためです。

ISOを制定している国際機関である国際標準化機構は、組織がISO9001を構築して運営する大きな目的として、組織が顧客満足を実現することを設定しています。

ISO9001の目的の一つは顧客満足です。

(目的の一つと言っているのは、他にもありますが、今回は顧客満足に焦点を合わせてお話します。)

なので取得する側の組織の目的であり、成果としても「顧客満足」を実現するべきです。実現できている、もしくは、実現に近づいていなければ、費用や時間をかけてISOを維持していることはもったいないです。

 

ISOのための、ISO活動は、もうやめにしましょう。

 

弊社ISO支援ネットでは、この顧客満足に主眼を置いています。

そして、その顧客満足の先のことを捉えています。

それは、「お客様を満足させて儲かる会社にしましょう」ということです。

お客様ばかり満足して、リターンがなければ仕事をしていて面白くありません。
その様に考えない方々もいらっしゃるかもしれませんが、弊社では、適正なリターンを獲得することを目指しています。

なので弊社ISO支援ネットが、ISOの目的を直接的に表現すると、

ISO9001の目的は、「会社の儲け」です。儲ける会社になることが、ISO9001の目的です。

 

コンサルティングやISO9001の内部監査員研修をするときは、必ずこの話をさせていただきます。

内部監査員研修では、「内部監査は各部署が儲ける仕事ができているかをチェックしてください」と話しています。

「規格条項の何番がなになに」という講義もありますが、それより、儲かることだったり、会社のためだったり、自分たちのためであったり、そういった活動ができているかを監査することが重要だということを伝えています。

 

 

想像していただきたいのですが、

内部監査員の方々が、定期的に社内の各部署を

「顧客満足のための仕事ができているか」=「儲かる仕事の仕方をしているか」

という視点でチェックをして指摘や改善を促してくれたら、

会社はどのように変化するでしょうか。

 

一度の監査で大きく変わることはないかもしれませんが、

毎年、定期的に実施する内部監査で、少しずつ少しずつ各部門は変化していき、

その少しずつの積み重ねは、気づけば組織の大きな変化になっていることだと確信しています。

 

 

ISO9001は、過去の品質保証のシステムから、品質マネジメントシステムに変化しています。

そして、柔軟な自社に合わせた、自社のためのシステム構築ができるようになっています。

形骸化しているシステム運用や内部監査はもったいないです。

 

ISOの要求事項をクリアして、多くの組織が儲かる会社になっていただきたいと思います。

 

最後に儲かるということの補足ですが、

儲かることは売上があがることや、利益率があがることと考えています。

ISOや内部監査でそれが実現できるのか?

一番の近道は、PDCAの効率をあげること、プロセスアプローチの精度をあげることです。

ISO9001のJIS版(JIS Q 9001)の序章には、このPDCAとプロセスアプローチについて解説しています。

弊社ISO支援ネットの内部監査員研修でも、このことは重要なことであると解説しています。

 

儲けることと、PDCA、プロセスアプローチは全て共通した考えと活動です。

簡単にいうと、無駄をなくすことです。

内部監査で無駄がないかチェックをすることが、ISOの目的達成に重要です。

 

弊社ISO支援ネットでは、ISO9001をこのように捉えています。

共感して、目的を実現していただければ幸いです。

 

 

ISO支援ネット