ISOのメリットとは?愛知県小牧市にてISO9001と14001の内部監査員研修を実施。

愛知県小牧市にて、ISO9001とISO14001の内部監査員研修を実施させていただきました。

品質(9001)と環境(14001)の両方を同時にしたのではなく、今回は1日ずつ分けて内部監査員研修を実施しました。

なので内部監査員研修の1日コースを2回実施させていただいたことになります。


 

ISO支援ネット

 

愛知県小牧市の化学品メーカーでの研修でした。

2回の研修とも、工場の稼働が止まっている土曜日に、また土曜出勤が連続すると従業員の方に負担になるので、月をまたいで実施させていただくことになりました。

当社 ISO支援ネットでは土曜、日曜、祝日も追加料金なく、通常料金にて実施しております。

 

今回、こちらの愛知県小牧市の企業様も、2015年版への移行を控えていらっしゃるとのことで、研修を受講された内の数名は、すでに2008年版(品質)もしくは2004年版(環境)での内部監査員資格をお持ちの方が受講されていましたが、全く初めてISOを勉強される方がほとんどでした。

 

当社の研修は、初めてISOを勉強される方も、一から、もしくは、ゼロから規格を勉強していただき、内部監査を実施できることを前提としています。

なので、ISO初心者の方は大歓迎です。

 

ISO9001とISO14001は、どんどん進化しています。

 

特に規格の解釈や、要求事項への対応方法ということでは、20年前は当然、10年前のISOとは全然ちがいます。

 

規格も改正・改訂などで変化していますが、古いといっても10年、20年ですが、昔のisoでは、「ISOはこうしないといけない!」という凝り固まったものがありましたが、

 

現在では、ISOの要求事項をどのように満たし、どのように運用するかは、組織の自由です。

 

だいたんに言うと、「したいようにすれば良いのです」

 

会社の標準化を目的としたいのであれば、そのように。

仕事の効率化を目指したいならば、そのように。

会社の利益につなげたいなら、そのように。

 

昔は、「ISOのために、ISOをしていた」そんな企業がとても多く、結果、成果やメリットのないISOになっていました。

 

ISOを取得するなら、メリットのあるシステム構築と運用をするべきです。

 

ISO支援ネット