愛知県にてISO14001:2015の内部監査員研修を実施しました。

愛知県にてISO14001:2015の内部監査員研修を実施してきました。名古屋駅から電車で少し移動した工場の多くある都市でした。工場が多くあると言っても、名古屋市内のような密集地ではなく、自然や田畑も混在している地帯でした。

こちらの企業様は、数年前に愛知県外の事業所においてISO14001の内部監査員研修を実施させていただき、そのご縁で今回は愛知県内の工場にて同じくISO14001の内部監査員研修を実施させていただくこととなりました。

 

規模の大きな会社ではありましたが、社長をはじめとした役員の方も研修に参加され、会社全体で環境マネジメントシステムを運用していくという姿勢が前面に出ている企業様でした。

 

社長が出席されていましたので、2015年版で規格要求が強まったと言われているリーダーシップの規格要求もしっかりご説明させていただきました。事前にそういったご要望もあってのことなのですが。

 

少しだけ、2015年版規格の補足をさせていただきますが、

品質マネジメントシステムも同様、2015年版の規格改訂により、社長の役割としてのリーダーシップが強く求められるようになったと言われていますが、規格要求が強くなったわけではないと認識しています。

 

ISO支援ネット

 

今回の企業様のように、社長も自ら内部監査員研修に参加され、会社全体で環境マネジメントシステムを運営していこうとしている会社には、今回、強まったと言われるリーダーシップの要求は、何ら2008年版の要求と比較しても変わりません。

 

変わった、もしくは、強まったと言われているのは、過去、経営者が品質マネジメントシステムもしくは環境マネジメントシステムに全く関与していない企業に対して、「それではダメですよ」という変更であって、

以前から、経営者である社長がマネジメントシステムに参画している会社には、規格要求に対して全く対応不要です。

 

なので、「強まった」という表現に誤解されている企業様も多いように思います。経営者の絶対参画が求められるようになったということです。

 

2015年版の前から経営者に対してはマネジメントレビューの規格要求があったので、経営者が参画せずに運用しているなんて、どういう実態なのか、私の周辺ではあまりそういう企業様はいらっしゃいません。

 

今回の愛知県での内部監査員研修も無事に終了することができました。後日、研修にも参加されていた幹事の方から、高評価のメールをいただき、ご期待に応えることができて安心しました。

 

それにしても名古屋の電車は複雑ですね。名古屋は何度か訪れていますが、特に名鉄名古屋駅はどの電車に乗れば良いのか、全くわかりません。

話によると日本で一番複雑な駅が、名鉄名古屋駅らしいと聞きました。全国の駅を知っている訳ではありませんが、私の知る限りも名鉄名古屋駅の複雑さは全国ナンバー1だと思います。

名古屋や愛知県内の地元の高校生や一般の方々が何気なく、ホームの列に並んでいくのを見ると感心します。

 

以上、ISO14001:2015の内部監査員研修と愛知県名古屋の電車事情の話でした。

 

ISO支援ネットの内部監査員研修は、全国の企業様に研修講師を派遣する派遣型講習です。研修内容や研修料金にご興味のある方は、ホームページをご覧ください。

 
 

ISO支援ネット