ISO9001 規格要求事項
携帯電話・公衆電話からは通話できません
HOME ISO9001コンサル ISO14001コンサル 内部監査員研修 コンサルティング料金 お客様の声 会社概要
ISO9000の認証取得
ISO9001コンサルティング
コンサルティング料金
ISO9001内部監査員研修
ISO9001とは
ISO9001規格要求事項
ISO14000の認証取得
ISO14001コンサルティング
コンサルティング料金
ISO14001内部監査員研修
ISO14001とは(改装中)
ISO27001コンサルティング
ISMSコンサルティング料金
ISMS内部監査員研修
ISO27001とは・ISMSとは(改装中)
ISO9001は「品質保証」、「顧客重視(満足)」、「継続的改善」の観点から、製品の実現プロセスをはじめ、文書管理、経営者の責任、個人の力量など経営全般について企業がするべきことを規格の中で要求しています。
ISO9001の要求事項は具体的な方法や程度(数値)は要求していません。要求事項をどのような方法で、どの程度、実施するかは企業自身が決定し、決定したことを実施することで、規格の要求事項を満たしていることになります。
 ISO9001は2000年版の改定以降(現在の規格は2008年版)企業に自由度が多く与えられています。これは企業の画一化がISO9001の目的ではないからです。業種や規模、その企業の文化に適した品質マネジメントシステムを構築し、効果的な経営がなされることを狙っています。貴社のISO9001研修に講師を派遣します
[ISO9001規格の項目とその内容]
要求事項は規格の4章~8章部分に記載されており、次のような構成になっています。ISO9001のQ&Aコーナー
項目 内容
4 品質マネジメントシステム 文書をはじめ、システムに関する全般的な要求。
4.1 一般要求事項
4.2 文書化に関する要求事項
5 経営者の責任 経営者に対する要求事項が書かれています。経営者自身が責任をもってすることを含め、経営者の責任により会社及び従業員が果たすべき要求。
5.1 経営者のコミットメント
5.2 顧客重視
5.3 品質方針
5.4 計画
5.5 責任、権限及びコミュニケーション
5.6 マネジメントレビュー
6 資源の運用管理 人に対する力量及び会社の設備や建物、作業環境に関する要求。
6.1 資源の提供
6.2 人的資源
6.3 インフラストラクチャー
6.4 作業環境
7 製品実現 物やサービスを作り出すプロセス全般に対する要求。
7.1 製品実現の計画
7.2 顧客関連のプロセス 営業プロセスに対する要求。
7.3 設計・開発 設計開発(企画を含む)に対する要求
7.4 購買 製品仕入や外注業者に関わる購買プロセスに対する要求。
7.5 製造及びサービス提供 生産プロセスまたはサービス提供プロセスに対する要求。
7.6 監視機器及び測定機器の管理 測定機器の校正や管理に関する要求。
8 測定、分析及び改善 プロセスが規格や顧客、または自社のルールに適合しているかどうか測定、監視を行い、継続して改善活動を実施するための要求。
会社はデータの収集をはじめ、内部監査や不適合品の処置、是正処置を実施しなければならない。
8.1 一般
8.2 監視及び測定
8.3 不適合製品の管理
8.4 データの分析
8.5 改善
「ISO9001の規格(要求事項)の内容を知りたい」という方は、規格書を購入して一度読んでみてはいかがでしょうか。規格の本は日本規格協会や大きな書店、インターネットから購入できます。
要求事項が記載されているページは先にも述べているとおり4章~8章の部分だけで、15~20分程度で読み終わります。ただ、理解するためには1回だけではなく、何度も繰り返し読まれることをおすすめします。
貴社のISO9001研修に講師を派遣します(研修メニュー)
ISO9001内部監査チェックシートの部門別サンプル
Copyright@ WISDOM MANAGEMENT All rights reserved