複数の事業所で取得するISOコンサルティング料金、規模別・人数別料金の数え方

ISO支援ネットのコンサルティングは組織規模(人数)で料金を設定しています。

料金表は当社のホームページに掲載しています。料金表

さて、組織人数で設定している料金ですが、事業所が複数ある場合についてご説明いたします。

 

事業所が複数ある場合、例えば、

本社が大阪にあり、本社とは別に、営業所が東京、名古屋、福岡にある会社があるとします。

 

当社のコンサルティング料金は、従業員人数別ですので、ISOを取得する範囲の事業所の人数が対象となります。

 

[本社と3つの営業所を含めて取得する場合]

この場合は、本社と3つの営業所に所属している従業員のトータルの人数が対象となります。

 

[本社だけで取得する場合(営業所を含めない場合)]

この場合は、本社に所属する従業員人数だけが対象になります。営業所の人数はカウントしません。

本社だけで取得する場合の影響:本社のみで取得した場合は、営業所に所属する従業員の名刺にはISOマークを印刷することができません。会社のホームページにISOを取得したことを掲載するときも、「本社で取得した」もしくは「営業所は含まれていない」ということが判る表現をする必要があります。

 

[本社と東京営業所で取得する場合]

本社と東京営業所に所属している従業員人数が対象となります。

 

 

事業所が複数ある場合でも、「取得範囲」をどのように設定するかで、人数が変動するかと思います。

取得する範囲に含まれている事業所で働く従業員人数をカウントしてください。

 

[従業員の雇用形態と数え方]

なお、従業員の雇用形態は問いません。正社員や非正規社員、派遣社員、パート、アルバイトなど、雇用形態に関係なく1人とカウントしてください。

仕事を兼務している場合や、フルタイムではない場合は、実働状況や実働時間に合わせて、例えば0.5人などとしてカウントしてください。

 

[複数事業所の場合のコンサルティング方法]

複数の事業所がある場合、主(メイン)の事業所を設定いただき、そこをコンサルティング会場とします。

メイン事業所以外の方がコンサルティングを受ける場合(ヒアリングなど)、メイン事業所に起こしください。

 

コンサルティング料金の人数のカウント方法をご説明いたしました。

コンサルティング料金表にもどる

 

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

内部監査員研修のご案内

コンサルティングも研修も、いずれも全国対応しています。

ISO9001の文書化の程度について、コンサルタントによる代理作成

 

ISOコンサルタントのISO支援ネットです。

これからISOを取得される企業の心配事の1つに、文書の作成や文書管理の負担があると思います。

今回は、ISOで文書作成や文書管理に追われない方法をご紹介します。

 

ISOと文書について、

  • ISOを取るためには文書をたくさん作成しないといけない
  • ISOを取ると文書が増える
  • 文書の管理が大変になる
  • 記録をたくさん残さないといけない

こんな噂や、誰かが話す実体験をお聞きしたことがあるのではないでしょうか。

事実、ISOを取得された企業では、このような文書のことで困っている企業も多くあると思います。

 

しかし、当社がコンサルティングをする企業では、ISOを取得したからと言って、このような文書の困りごとに合うことはありません。

 

文書作成や管理に振り回されている企業がある一方、文書のことで困らない企業がある違いは何か、

まず、文書作成や管理に困っている企業では、次の2つの原因が考えられます。

1つは、10年以上もっと前にISOを取得した。

もう1つは、大企業のやり方を模倣した。

困っている企業では、これらのいずれか、1つ以上に該当するはずです。

 

この原因について説明いたします。

[10年以上まえ、昔に取得した企業]

例えばISO9001では、昔はたくさんの文書作成や、手のかかる文書管理をしなければなりませんでした。それが昔のISO9001でした。

 

ISO9001規格は定期的に国際規格(要求事項)が改正されていますし、取得や運用方法についても、スタイルが変化していっています。

特に2000年以前もしくはそれ前後に取得した企業は、まだまだ重い文書負担があるスタイルが主流でした。

当時は「ISO9001ではこのような文書が必須だ」と審査員もコンサルタントも沢山の文書が必要だと考えていました。

昔に取得した企業では、いまもそのやり方を踏襲して、「ISO9001は大変だ」と実体験を基とした悪評を振り撒いています。

 

[大企業のやり方を模倣した企業]

多くの大企業は、ISO9001を1990年代に取得しています。

先に説明した文書管理が大変なスタイルの時代です。

しかし、取得しているのは大企業ですから文書管理をする人員もいるし、そもそも文書の管理は慣れたものです。

大変なのは、当時にISO9001を取得した中規模・小規模の企業です。

当時は、大企業の取得や運用のスタイルが主流で、審査員もコンサルタントも多くが大企業の出身、そんな中で中規模・小規模の企業も大企業並みの文書作成や管理を強いられました。

人員も少なく、管理にも慣れていない企業にとって、文書負担が大きく圧し掛かったのは想像のとおりです。

 

[現在の取得と運用のスタイル]

ISO9001は2008年、2015年と規格改正が行われ、そして取得する企業も、中規模・小規模の企業が多くを占め、いまは各企業にあったスタイルで取得しています。

ISO9001規格が要求しているのは、「必要な文書は作成しなさい」、「必要な程度の管理をしなさい」と幅のある柔軟な要求になっています。

文書がないと仕事が上手くいかない、文書がないと不具合や事故が発生する、そんな場合は文書が必要ですし、文書がなくても問題ないのであれば、その文書は不要です。

管理も同様に、厳重な管理の仕方でも、簡易的な管理の仕方でも、そこにリスクや問題が生じる可能性の大きい・小さいで判断すれば良いのです。

 

[ISO支援ネットの文書の考え]

当社のコンサルティングは、まずは現状のやり方をシステム化するとい方針です。いま必要としていないものを、ISO9001を取得するからと言って新たに追加する必要はありません。

ただし、品質マニュアルは「あった方が良い」と考えています。

品質マニュアルは、自社の仕事の大筋が書かれたもので、自社のルールであり、お客様や第三者に適切な品質管理をしていると立証できるものです。(本来、第三者に見せるものではありません)

必要なのは大企業のような分厚い、重厚なマニュアルではなく、シンプルで必要最低限のことが書かれた品質マニュアルです。

これから取得する企業が品質マニュアルを一から作成するのは負担なので、当社の場合は、コンサルタントがヒアリングをさせていただき、コンサルタントが代理作成を行っています。

いまやっている仕事のやり方をそのまま品質マニュアルにルール化します。また、こと細かな手順を書くものでもありません。大筋を説明できるものです。

なので、品質マニュアルができたからと言って、仕事のやり方や負担が変わるわけではありません。

 

[手順を文書にしないといけない?文書化の必要性]

ISO9001を取得するためには、仕事の手順を文書化しないといけないと思われている方もまだまだ多くいらっしゃいますが、そうではありません。

現在のISO9001規格が要求しているのは、文書化ではなく、ルールの明確化です。

企業内でルールが確立されていて、その通り仕事をしているかということです。

 

少年サッカーチームに入ると、ルールブックを読み込むかというと、そうではないはずです。

ボールに触れながら、実践しなががらルールを覚えていって、自然と、サッカーのルールがチームで共有されているはずです。

ISO9001における企業のルールも同じです。仕事のやり方が文書化されていなくても、社員の中でルールが確立され、共有されていれば「ルールが明確化」されていると言えます。

そう考えると、多くの企業が仕事の手順を文書化する必要なないと言えます。それで良いのです。

それでも、「当社にとっては文書が必要」と考える会社は、文書化をすれば良いですし、ISOのために文書を作成する必要はありません。

 

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

内部監査員研修のご案内

コンサルティングも研修も、いずれも全国対応しています。

3人の企業にISO9001のコンサルティングをしました。

社長以下、3名の企業のISO9001認証取得コンサルティングを実施させていただきました。

日本全国、従業員が3名の企業は数多くあっても、3名の企業でISOを取得している企業は少なく珍しいと思います。

 

こちら3名の企業の業種は製造業ですが、製造業でも工場をもたないファブレスメーカーでした。

工場はなくてもお客様である取引先企業からISO9001取得の要望があったため、認証取得を目指すことになったようです。

 

最近、当社がISO9001の認証取得コンサルティングをさせていただくお客様のほとんどが、取引先の要望という理由でISOの導入をされています。

 

ISO9001は品質の国際認証であるため、ISOの認証を取得していることで、一定以上の品質管理水準が保たれていることの証明となり、取引先を安心させるツールとなっています。

 

こちらのような3人や10人以下の企業では、「当社でISOは無理」とか「ISOを取得できるレベルにない」と話される経営者もいらっしゃいますが、それは間違いです。

ISOは企業のレベルで取得するのではなく、「入りと出の管理」をしているかを問われるものです。

ISO9001的な言葉を使うとインプットとアウトプットという言葉になりますが、

大まかに且つ簡単に説明すると、

お客様の注文がインプットで、

注文に対して提供する製品やサービスがアウトプットです。

「入りと出の管理」は、「インプットとアウトプット」が合致しているかどうかの確認です。

製造業であれば「お客様の注文」と「納品する製品」が合っているか、

サービス業であれば「お客様の注文」と「提供するサービス」が間違っていないか、

その「入りと出の管理」、つまり確認ができているかです。

その確認方法がどんな方法・程度であれ、「当社はこのように確認しています」と説明できる企業であれば、必ずISO9001を取得することができます。

 

ISO9001は管理レベルを難しくするものではなく、管理の方法をお客様や第三者に説明できる状態にすることです。

説明できる状態にするのが、我々ISOコンサルタントの役割です。

 

ISO90001の取得を検討されていて「当社でISOは難しいかも」とお考えの企業がいらっしゃいましたら、「決して難しいことはありません」必ず取得できますので、是非、当社でも、当社以外のコンサルタントからでも、サポートを受けて取得にチャレンジされることをおすすめします。

 

当社は従業員が2人以上の企業でしたら、10人以下の企業様でも、何名様でもコンサルティングを提供しております。

 

コンサルティングは全国対応しております。

コンサルティング料金表も掲載しておりますので、検討の参考にしてください。

 

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

内部監査員研修のご案内

香川県高松市の企業でISO9001内部監査員研修を実施しました。講師派遣。

香川県高松市の企業様でISO9001:2015の内部監査員研修を実施させていただきました。

ISO9001規格は、2015年版に規格改正が行われ、こちら香川県の企業様と同様に、すでにISO9001を取得されている企業様では、旧版規格で内部監査員の資格を取得した社員向けに、改正された2015年版の新規格の勉強をしてもらう目的と、加えて、内部監査員の世代交代や増員のために、新規の内部監査員を養成するためにと、この2つの目的を満たすために、社内で内部監査員研修を実施する企業様が多くいらっしゃいます。

香川県で内部監査員研修

研修を実施させていただいた香川県高松市の企業様は、約20年前にISO9001の認証取得をされ、長い運用歴のある企業様でした。

 

運用歴が長い企業では、その間、ずっと同じ顔触れの人達が内部監査を実施しているケースがあると思いますが、こちらの企業様のように内部監査員を担当する社員を少しずつ世代交代させていくことが望ましいです。

 

その理由は、ISO9001規格は定期的に規格改正が行われても、ベースの要求事項は大きく変わりません。

しかし、規格の本質は変わらずとも、規格の解釈が大きく変化しています。

 

ISO9001規格が2015年版として規格改正が行われ、当社でも過去に旧版(2008年版)での認証取得のコンサルティングをさせていただいた企業様の、移行コンサルを何社かさせていただきました。

5年以上前に当社がコンサルティングをして、当社が代理作成した品質マニュアルを読み返すと、現在、当社が代理作成している品質マニュアルと比較すると、とても古臭い印象がありました。

 

規格要求事項の本質は変わらずとも、システムを構築したり運用する側の規格解釈は大きく進化していることを実感しています。

同じ要求事項であっても「規格の解釈の仕方」は、変化しているのです。

ずいぶん昔にISO9001の内部監査員研修を受講して、そのときに勉強した規格解釈のまま、今もそのときの感覚で内部監査をすることは、決して悪いことばかりではありませんが、少し遅れた感覚で内部監査をしているかもしれません。

 

今回、内部監査員研修を実施させていただいた香川県の企業様のように、ISO9001の運用歴が長い企業では、少しずつ内部監査員の世代交代を進めることをお奨めします。

 

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

内部監査員研修のご案内

ISOコンサルティングの料金表、組織人数別で費用がわかる。全国対応

ISOコンサルティングをしているISO支援ネットです。
今回はISO9001のコンサルティング費用についてお話します。

当社は、コンサルティングの料金表をホームページで開示しています。
その理由も合わせて、費用について話をしたいと思います。

 

これからISO9001を取得される企業にとっては、認証取得にかかる時間や手間、そしてどれくらいの費用がかかるか、大きな関心事かと思います。

 

ISO支援ネットは、コンサルティング会社として、認証取得にかかる
「企業の負担を少なくするコンサルティング」に務めています。

当社のコンサルティングサービスの特徴は、
「企業のISO取得準備の負担を小さくするコンサルティング」
「取得後も負担なく運用できるシステムを構築するコンサルティング」

これが当社の特徴であり得意とするISOコンサルティングです。


お客様の感想を紹介しているので、どんなコンサルティングか、ご参考にしてください。


 

一方、企業側の実態をお聞きすると、
ISOの取得にとりかかるまでのコンサルティング会社選びや、コンサルティング費用の情報収集に、かなりの時間と手間をかけていらっしゃることがわかりました。

 

当社のコンサルティングを受けるお客様は、当社のホームページを見たり、関係会社からの紹介を受けて、当社を指名してご依頼いただける場合もあれば、

複数のコンサルティング会社に見積りをとった上で、当社を選んでいる場合もあります。

 

以前、当社のコンサルティングを受けた企業ですが、コンサルタント選びで合計5社のコンサルティング会社とコンタクトをとって比較して選んだというお客様がいらっしゃいました。

5社の中から比較して当社を選んでいただいたのは大変光栄に思ったのですが、その選ぶまでの手間暇のご負担を想像すると、ISO取得が企業の重荷になっているのではないかと心配にもなります。

 

実際にISO9001を取得されている企業では、取得後の運用が重荷になっている企業は多くあると思いますが、それはその会社に合っていないルールや、間違った運用をしているからです。

 

当社では、ISOを取得するのも、運用するのも主になるようなものではないと考えています。

品質マネジメントシステムは、企業に負担をかけるものではなく、空気のような当たり前の存在で、正しく活用すれば重荷ではなく恩恵が得られるものです。

 

 

当社は、お客様がコンサルティング会社を選ぶ段階からのご負担をなくしたいと考えて、コンサルティングの料金表を開示しています。

2名から100名以上の企業様まで、従業員の人数別でコンサルティング料金を設定しています。

コンサルティングの料金表を掲載することで、多くの企業様の見積りをとる手間暇を軽減し、また、当社にも関心を持っていただき、当社にご依頼をいただけることも大いに期待しています。

企業様にも当社にもメリットがあるコンサルティング料金表です。

ISO9001コンサルティング料金

 

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

内部監査員研修

新潟県でISO9001の認証取得コンサルティングをしてきました。

新潟県の企業にてISO9001の認証取得コンサルティングをさせていただきました。

日本屈指の米どころ、新潟県。

冬には積雪も当たり前の新潟県。

ISOコンサルティングの仕事で全国各地に行っていますが、新潟県はとても印象深い県です。

私の個人的な印象は、偉人を輩出する土地というイメージです。

例えば、

小林虎三郎:長岡藩士、米百俵の逸話で有名

山本五十六:軍人、連合艦隊司令長官

田中角栄:政治家、元内閣総理大臣

 

偉人は偉人でも、その人柄や考えに秀でた人物というのが新潟県の偉人の印象です。

 

さて、ISOコンサルティングですが、工業製品の製造を行っている会社でしたが、自動車関連部品の取扱いが増える見込みあり、取引上の関係でISO9001の認証取得が必要になった企業です。

 

ISO9001を認証取得される企業の多くが、取引先の要請で認証取得が必要になるということが大変多いです。

製品を購入する取引先からすると、ISO90001を取得している工場から買うという購買方針は、品質管理上のリスクを考えると、今では当然です。

 

ISOをまだ取得されていない企業が「ISO」と聞くと、

仕事や生産手順などが面倒になるのでは?

沢山の文書や記録を用意しないといけないのでは?

というネガティブな印象をお持ちの方も多いですが、それは10年以上前、2000年代の前半か、それ以前の話です。

 

2010年を過ぎ、ISO9001規格も2015年版という新しい版に規格改正され、多くの企業が、今の仕事のままでISO9001「品質マネジメントシステム」を導入することが出来るようになりました。

当社では、とても簡単に取得できるようになったと解釈していますし、事実、当社のコンサルティング先では多くの企業が、これまでの仕事のやり方を変えずに取得されています。

 

ISO9001は、仕事を難しくするものではなく、仕組み化するものです。

今されている仕事のやり方を「そのまま仕組みに仕立て上げる」これが私たちコンサルタントの仕事だと考えています。

 

今回、認証取得のコンサルティングさせていただいた新潟県の企業でも、仕事の内容をヒアリングさせていただき、そのまま仕事のやり方のまま品質マニュアルを代理作成させていただきました。

 

当社(ISO支援ネット)は、新潟県をはじめ、全国の企業様向けにISOコンサルティングを提供しております。

 

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

内部監査員研修

ISO9001の審査に立ち会ってきました。ISO審査の捉え方、心構え

ISO9001の審査に立ち会ってきました。

コンサルティング先の金属部品製造業の会社がISO9001の審査を受けました。

結果、不適合はなく無事にパスしました。

不適合はありませんでしたが、数件の課題をいただき、有意義な審査でした。

 

審査を受ける側の企業では、ISO審査での不適合や指摘はゼロが好ましいと考えている方もいらっしゃいますが、ISO9001をはじめとしたマネジメントシステムの認証審査では、指摘は「改善の機会」として歓迎すべきものです。

 

審査もタダではありません。高い費用をかけて審査員に来てもらっているわけで、指摘がゼロより、何か改善となる指摘をもらった方が自分たちのためです。

 

今回、コンサルティング先の企業の審査では有意義な指摘をもらいました。

詳しいことは書けませんが、頂戴した指摘は次のようなものです。

・仕入品の受入れ管理方法について

・工場内の仕掛品の管理ルールについて

・ある部署の整理整頓について

 

以上の指摘は、ISO規格を順守していないという不適合ではなく、改善するとより良い事業ができるという審査機関からの改善勧告です。是正を強いられるものではありません。

指摘に対して、対応するかしないかは企業側の自由です。

 

社内では、常態化してついつい見過ごしている悪習慣も、外部の審査員から指摘されると、「正さなければ」という意識が働き、改善が進むのがISO審査の良きところです。

 

せっかく審査料金を払っているのですから、指摘ゼロを好むより、指摘を沢山もらって改善のチャンスとして捉えることに審査のメリットが生まれます。

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

内部監査員研修

ISO支援ネットがコンサル料金を公開している理由

ISO支援ネットは見積りのための企業訪問を行っていません。

その代わりに、ISO支援ネットでは、コンサルティング料金をホームページ上で公開しています。

 

 

なぜ、料金を公開するのか?

当社がコンサルティング料金を公開している理由はいくつかありますが、公開した方が、お客様にも当社にもメリットがあると考えるからです。

 

まず、お客様のメリットは、

  • 費用が明朗なので安心
  • 認証取得の予算を検討しやすい
  • 見積りのための問合せや手間がかからない
  • 見積りに時間がかからない

 

コンサルティング会社から見積りを取るのは無料で、実質的な支出が発生していなくても、見積り取得に手間や時間がかかるということはお客様である企業側もコストがかかっています。

コンサルティングの費用を公開することで、
お客様の不安が解消され、予算を考えやすく、料金を知るための手間暇やコストが発生しません。これがお客様のメリットです。

 

そして、お客様の大きなメリットがもう1つあります。
それは、コンサル会社のメリットと関係があるので後述いたします。

 

コンサルティング会社が料金を公開するメリットは、

  • 見積りを発行する手間や時間が削減できる
  • お客様に訪問しなくてもコンサル料をお伝えできる
  • ISOに興味がある企業に関心をもってもらえる

コンサル会社は、見積りをするに当たって、お客様の会社へ訪問するための時間や費用、見積書作成のための時間など、かなりコストが発生しています。

コストをかけて見積りを作成して、競合するコンサル会社に負けるのであれば仕方ないのですが、お客様によっては、ISO取得に興味があるだけの段階だったり、合い見積もりや情報収集のためだけであったりすることもあります。

 

コンサル料金を公開することで、
当社の見積り業務にかかるコストも下げられ、お客様の料金を知りたいという期待にも応え、お客様の手間暇もなくすことができます。

 

そして、先に触れたお客様の大きなメリットとして、
コンサル会社側の見積り業務のコストが下がると、お客様に請求するコンサルティング料金を安くすることができます。

コンサル会社が見積り訪問や資料作成などにかけている経費や時間コストは、全てお客様に請求するコンサルティング費用で賄われています。

仮に、コンサル会社の成約率が3回に1回の確率とした場合、失注している2社分の見積りにかかるコストは、成約した1社のお客様のコンサルティング費用で賄うしかありません。

どんなビジネスでも、宣伝費用や営業費用などは製品やサービスの代金に上乗せするのが当たり前ですが、それらの営業費用が無くなれば製品代金を安くすることが可能です。

 

なので、当社は営業や見積りにコストをかけない分、コンサルティング費用を安い料金で提供できるようになりました

これは、お客様にとっても、当社にとってもメリットになることです。

 

しっかりとしたコンサルティングを適切な料金で提供でき、しかもそれが安い費用であれば、双方にメリットがあることです。

 

当社はホームページでISO9001認証取得料金を公開しています。

認証取得を検討されている企業様、コンサルティング会社の選定をされているお客様、是非、ご覧ください。

ISO支援ネットのISO9001コンサルティング料金

ISO支援ネット