富山県の会社でISO9001内部監査員研修を実施しました。講師派遣のISO支援ネット

富山県にてISO9001の内部監査員研修を実施してきました。

今回、ご依頼があったのは富山駅と高岡駅の中間ぐらい、ちょうど富山湾の中心ぐらいの位置にある金属製品の製造業を営んでいる企業様でした。

 

研修の受講者は、ほとんどがISO9001を初めて勉強される方々でした。

富山県にてISO9001内部監査員研修

研修の前半は、ISO9001規格の解説になりますが、解説の前に導入として、

・ISOとは
・システム規格とは
・規格の意図・目的とは
・マネジメント(管理)とは
・ルールとは

という話をするのですが、ここまで話したところで、

受講者の方から「ISO9001って、そういう規格だったんですね」

と良い反応をいただきました。

 

ISOのよくあるイメージと言えば、

「規格要求に応えるのが大変」「ルールが厳しい」「運用が面倒」「文書化が必要」などなど、ネガティブなものが並びますが、

これらは全て間違っています。

しかし、間違ったISOを構築して運用をしている企業では、これらのネガティブなことを現実として今でも体現している企業が沢山あります。

 

こちら富山の企業で、内部監査員研修を受講されていた方の中にも、研修前まではネガティブなイメージを抱いていた方もいたと思います。

「ISO9001って、そういう規格だったんですね」

という嬉しい反応をいただけたのは、ISO9001に対するネガティブ イメージを研修の導入部分で少しは払拭できたからだと思います。

 

 

ISO9001の内部監査員研修の中でも話すことですが、

ISOは、ISOの活動をするのではなく、ビジネスを盛り上げるためや、事業を維持、継続、発展するための活動です。

そして、内部監査員という存在は、監査を行い、チェックやジャッジをする人ですが、何のために内部監査をするのかというと、改善を促すためです。

監査対象となる部門に点数や評価を付けるのが仕事ではなく、改善のきっかけを提供する人です。

内部監査をすることで、ビジネスが盛り上がり、こちら富山の会社のように、金属製品の製造業をされている会社であれば、良い製品が効率よく生産され、品質やスピードにお客様が満足し、結果、自社の売上や利益が向上するために内部監査を行うのです。

ISOや内部監査は、前述のネガティブイメージとはかけ離れた活動です。

 

今回、こちらの富山県の会社の内部監査員研修では、受講者は、ほとんどの方が初めてISOを勉強されるという方でしたので、前向きに研修に参画いただき、正しいISO9001をご理解いただけたと思います。

 

こちらの企業では、ISO9001の内部監査員研修の翌日に、連続してISO14001、環境の内部監査員研修も実施させていただきました。


ISO支援ネットは、ISOコンサルティングを富山県をはじめ全国の企業様に提供しています。

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

コンサルティング料金表

内部監査員研修のご案内

コンサルティングも研修も、いずれも全国対応しています。

福岡県でISO9001の認証取得コンサルティングをしました。負担のないシンプルなISOづくり

福岡県の博多にある企業でISO9001とISO14001のコンサルティングをさせていただきました。

こちらの企業は建物や施設の管理業務を請負っている会社です。

ISO9001の取得される理由は、競合他社がある中で、自社の管理業務の品質の優位性を確立するためとのことです。

ISO14001も環境に配慮した企業であることを顧客に知ってもらうためということが強いようで、いずれも営業戦略的な面で、今回のISO取得の運びとなったようです。

 

当社がこれまでISO9001のコンサルティングをした会社で、業種別の件数で一番多いのが製造業ですが、最近は、こちら福岡の会社のような管理業務する会社や、サービス業、販売業でのISO取得のコンサルティングが増えています。

(当社は福岡県をはじめ、全国でISOコンサルティングを実施しています。ご興味がある方はISO支援ネットのコンサルのページをご覧ください。)

 

ISO9001を取得しているということは、自社の製造業務やサービス業務が「確立された品質管理のうえで成されている」ことを第三者の国際機関より認証されるという意味です。

例えば、サービス業では「担当者の個人任せによる仕事」ではなく、会社組織として確立され整ったサービスを提供できる管理体制があることの証となります。

 

「お客様との契約(約束)を会社として責任もって実行しますよ」という意味です。

 

こちらの福岡の会社のISOコンサルティングは、スムーズに審査を受ける段階まで進み、審査にも立ち合い、無事に認証取得をすることができました。

 

当社のコンサルティングは、シンプルなシステムづくりを心掛けているので、社員の方などに大きな負担なく取得準備が進んだと思います。

シンプルなシステムなので取得後も負担なく運用していただけると思いますが、ISOのシステムを導入した効果も感じられることを願っています。


ISO支援ネットは、ISOコンサルティングを福岡県をはじめ全国の企業様に提供しています。

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

コンサルティング料金表

内部監査員研修のご案内

コンサルティングも研修も、いずれも全国対応しています。

ISO9001取得の準備にかかる期間、コンサルタントによって最短5ヶ月

ISO9001の認証取得の期間について書きます。

これからISO9001を取得される企業にとっては、取得の準備期間がどれくらいかかるか、心配の方も多いと思います。

 

取得にかかる期間の話にはいる前に、ISO9001であれば、どんな品質マネジメントシステムにするかで、期間が変わってきます。

品質マネジメントシステムの仕上りをどんなものにするのか、

例えば、

(1)大企業並みのマネジメントシステムにしたい

(2)いま以上の管理体制のとれるマネジメントシステムにしたい

(3)現状の仕事のやり方のままマネジメントシステムを構築したい

(4)シンプルなマネジメントシステムにしたい

 

ご想像のとおり、上記の(1)と(2)はシステムを構築するのに多少時間がかかります。

また、運用もそれなりにパワーがいり、負担もあるかもしれません。

次の(3)と(4)は比較的短い期間で取得ができます。

 

もし、当社のようなISOのコンサルティング会社のサポートを受けるなら、そのコンサルタント会社の方針も影響します。

 

私どもISO支援ネットのコンサルティングは、

現状の仕事のやり方をそのままシステム化し、シンプルなマネジメントシステムを構築するサポートをしています。

 

当社に認証取得のご依頼をいただいた場合、取得にかかる期間は最短で約5か月から半年です。

余裕をもって取得の準備をされたいという場合でも、8か月ほどです。

 

期間の内訳は、

最初の2~3ヶ月は、システム構築の期間です。

現状の仕事の流れをヒアリングさせていただき、当社が品質マニュアルの代理作成を行います。

残りの3ヶ月はシステムの運用期間です。

代理作成した品質マニュアルを基にシステム運用した実績を残します。

 

実績を残すと言っても、品質マニュアルは現状の仕事の流れをルール化しているので、運用実績は今まで通り仕事をすることです。

 

今までどおり仕事をしてISO9001を取得する意味があるのか、疑問に思う方もいるかもしれません。

そこはマネジメントシステムには改善の機能が備わっているので、運用していくことで徐々に改善が進み、成果も徐々に出始めることになります。

 

当社・ISO支援ネットの考えは、まずはシンプルなシステムを作って運用し、運用する中で改善成果が出ることを考えています。

そのため、取得の準備期間で負担がかかることもなく、運用にはいって、大きな負担で苦しむことはありません。

 

ISO9001の認証取得にかかる準備期間の長短は、

どんなシステムにするか、

どんなコンサルタントに頼むか、

などで変化してきます。

自社の考えに合ったシステム構築をされることをおすすめします。


ISO支援ネットは、ISOコンサルティングを全国の企業様に提供しています。

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

コンサルティング料金表

内部監査員研修のご案内

コンサルティングも研修も、いずれも全国対応しています。