内部監査員研修

[研修可能日](2019年3月12日現在)
ご希望日程がある場合はお早めにご依頼ください。まずは見積依頼をFAXください。
3月空き僅か   4月空きあり   5月空きあり

講師が全国に訪問しています

・[共通研修]ISO9001(品質)・ISO14001(環境)

・わかりやすい研修を全国で 主要都市から講師を派遣

ISO支援ネットが提供する内部監査員養成研修は講師派遣型です。
講師が貴社に出張訪問します。

貴社の実在部門を想定し、貴社で実際に利用している内部監査文書を用いた文書作成、監査演習を行い、実質的で充実した講義でわかりやすい研修と評価をいただいています。

貴社のご都合の良い日程で開催でき、社員様の移動にかかる時間とコストも抑えられ効率的です。


研修をお申込みされる方に<特典>のご案内
特典1:マニュアルのひな型を提供
特典2:マニュアル作成のコンサルティング
詳しくは特典案内のページ


 

[研修の特徴]
・ISOが初めての人でも解りやすい研修
・講師はISO審査員資格を有し、且つ、ISO審査またはコンサルティング経験者

なぜ、わかりやすい研修なのか?
元々ISO取得を目指す企業向けの養成研修で、研修後すぐに内部監査を実施できるようにISO規格の解説から、実在部門を想定した演習と、基礎と実践を交えた教育を行う必要性から生まれた講習です。
そのため、ISO規格を初めて学習する人も、学習済みの方にもお奨めの講習内容です。受講者ご自身が研修前と研修後の変化を感じていただけ、翌日から自信をもって内部監査に取組んでいただけます。

研修内容

ISO支援ネットの内部監査員養成研修は、次の講義及び演習にて構成されています。
※プログラム構成はISO9001、ISO14001いずれも共通です

[研修プログラム]
1. 規格要求事項の解説(講義/ISO9001または14001の該当する規格)
2. 内部監査の概要(講義)
3. 内部監査員に求められる技術・資質(講義)
4. 内部監査計画の立て方とチェックリストの作成(グループ演習)
5. 内部監査の実技(グループ演習)
6. 不適合の取扱い方法、内部監査の報告書作成(演習)
7. ケーススタディ[様々な内部監査場面](演習)

内部監査員研修の流れ  
1.規格要求事項の解説(講義)
ISO規格要求事項を解説します。規格に初めて触れる方でも、研修終了時点には、規格書のどこにどのような要求が書かれているかすぐにページを開いて確認でき、そこの要求が何を意味するか理解できるようになります。
2.内部監査の概要(講義)
マネジメントシステムにおける内部監査の機能と目的、内部監査の原則とあるべき姿を説明し、内部監査の意味と重要性を認識していただきます。
3.求められる技術・資質(講義)
内部監査員に必要な技術、また、内部監査員としての振舞い、監査における心理的な側面など、内部監査を適切に実施するための必要な情報を解説します。
4.監査計画・チェックリスト作成(グループ演習)
受講者の所属部門に配慮しながらグループ分けを行い、各グループは自社(貴社)の実在部門を被監査部門と設定して、事実に基づいて監査計画立案、チェックリスト作成を行っていただきます。
5.監査実技(グループ演習)
各グループで作成した計画、チェックリストを基に、実際に監査を体験します。被監査部門は受講者の方で実際に所属している方に担当していただき本番さながらの監査となります。監査後は講師の他に受講者同士も講評していただきます。
6.不適合処置・報告書作成(演習)
実在の被監査部門に不適合が発見されたという設定で、是正処置要求をします。発見した状況のどの部分が、規格のどこに不適合であったのか、確実に押さえることがポイントです。また、報告書として被監査部門の状況や改善点などを作文します。
7.ケーススタディ(個人及びグループ演習)
研修の集大成の演習です。受講者が監査員として、様々な状況に遭遇します。そこで内部監査員として何を確認するべきか、また、それはどこの要求事項に関係があるのか、個人およびグループで検討し、発表していただきます。
修了試験
研修で学んだことの復習試験です。内容はISO規格をはじめ、内部監査の知識、実践的な応用問題など、選択式と記述式の試験です。全ての研修プログラムに前向きに受講された方であれば必ず合格レベルに達する内容です。
(1日コースは修了試験なし、修了証は発行します)
内部監査員研修テキスト
受講者には内部監査員研修テキストを配布します。品質・環境の両方に対応したテキストです。
修了証を発行
研修を修了された方に修了証を発行します。
受講者名、受講日、受講コース、該当規格が掲載されています。
研修実施報告書を発行
研修実施後に合格証と合わせて研修実施報告書を送付いたします。
研修内容、研修時間、講師名、研修場所、受講者名、有効性評価結果(合否)等を記載しているので、ISOの教育記録にも利用できます。

研修コース・料金のご案内

[研修可能日](2019年3月12日現在)
ご希望日程がある場合はお早めにご依頼ください。まずは見積依頼をFAXください。
3月空き僅か   4月空きあり    5月空きあり

研修料金は受講人数に関わらず一式料金です(定員あり)。
どのコースも15名まで受講可能。

【標準コース(1.5日)】

一般標準的な内部監査員養成研修コースです。(修了証発行あり)

  コース名 研修時間 定員 研修料金
[標準コース]
ISO9001:2015
品質・内部監査員研修
1.5日
(11時間)
4~15名 19万円
(税別)
[標準コース]
ISO14001:2015
環境・内部監査員研修
1.5日
(11時間)
4~15名 19万円
(税別)

【1日コース】

標準コースを時間短縮したカリキュラムの1日コースです。(修了証発行あり)

  コース名 研修時間 定員 研修料金
【1日コース】
ISO9001:2015
品質・内部監査員研修
1日
(7時間)
4~15名 16万円
(税別)
【1日コース】
ISO14001:2015
環境・内部監査員研修
1日
(7時間)
4~15名 16万円
(税別)

※1日コースは修了試験がありませんが、修了証は発行します。

[研修料金に含むもの]
上記研修料金には次のものを含んでいます。
・講師料
・テキスト料金(受講人数分のテキスト代金)
・修了証発行料金


[講師の出張費について]
●講師の移動交通費と宿泊費用を請求します。(1日コースは宿泊費請求なし)
●交通費は次の主要駅のいずれか最寄り駅を起点に精算します。

 ・札幌駅青森駅秋田駅山形駅仙台駅福島駅
 ・東京駅、大宮駅千葉駅横浜駅
 ・水戸駅、宇都宮駅、高崎駅、甲府駅、長野駅
 ・新潟駅富山駅金沢駅福井駅
 ・名古屋駅静岡駅岐阜駅四日市駅
 ・大阪駅京都駅、神戸駅、大津駅奈良駅和歌山駅
 ・岡山駅広島駅鳥取駅松江駅下関駅
 ・高松駅徳島駅、松山駅、高知駅
 ・博多駅長崎駅熊本駅、大分駅、宮崎駅鹿児島中央駅

出張費はお見積書にて事前に確定いたします。追加請求はありません。
全ての費用を含んだ見積書を発行します。見積依頼をFAXください。

 

研修要領

研修概要 貴社が指定する日時・場所に講師を派遣して内部監査員研修を実施します。
講師 講師はISO9001、14001の該当規格の審査員制度の有資格者で、且つISOコンサルティングまたは審査員を務めている者が務めます。
対象地域 全国の企業に講師が訪問いたします。(講師派遣型の内部監査員研修です)
※一部の離島及び山間部等、交通機関の都合により訪問できない場合があります
対象企業 ISO9001、14001取得の準備または認証取得済みの法人様であれば企業様の業種・業態及び企業規模等は問いません。
受講資格 研修を申込まれる企業に所属している方であればどなたでも受講いただけます。
ISO規格に関する予備知識がない方でも受講いただけます。
研修日 実施候補日を挙げていただき、弊社と打合せのうえ決定していただきます
(研修時間が1.5日標準コースの場合は連続した2日間を挙げてください)
※内部監査員研修は土曜・日曜・祝日も実施可能です(追加料金なし)
研修時間 9:00~20:00の中で貴社のご都合のよい時間を設定してください
標準コース(1.5日:11時間)の場合のモデル時間
[例1] 1日目13:00~17:00 2日目9:00~17:00
[例2] 1日目9:00~18:00 2日目9:00~12:00
[例3] 1日目15:00~19:00 2日目9:00~17:00
定員 4名~15名の定員制です。
※当社の内部監査員研修は充実した研修環境を整え、即戦力の内部監査員を養成するため定員制を採用しています。
会場 貴社内のスペースまたは公共貸会議室などを確保ください。
※会場費用はご負担ください
[必要な設備]
ホワイトボード(または黒板)
[ご用意可能であれば次の物をお貸しください]
・プロジェクタ-
・スクリーン
用意していただく物 ・人数分のISO規格(無料にて貸出しもしております)
・貴社の内部監査記録書式ほか(取得準備中の企業は不要)
お見積り依頼方法 お見積り依頼書に必要事項をご記入のうえFAX送付ください。
内部監査員研修の見積依頼書はこちら(PDF)
申込前の確認事項 お申込前に別途確認事項をご覧いただき、同意のうえお申込みください。
お申込前の確認事項(PDF)

ご依頼の流れ(研修幹事様の手配事項)

弊社では内部監査員研修の準備を担当される研修幹事様のご負担をできるだけ少なくするように努めておりますが、次の事項についてお手続きとご準備にご協力ください。

1.見積依頼FAX 内部監査員研修の見積依頼書に必要事項をご記入のうえ、弊社宛にFAX送付してください。弊社より見積書を発行いたします。
2.研修日の調整 見積内容にご了承いただけましたら、メールもしくは電話にて弊社と研修日時を打合せのうえ決定していただきます。
3.研修申込み 研修日時が決まりましたら、弊社書式の内部監査員研修の申込書を送付します。必要事項(会社名、日付など)をご記入のうえ、ご提出ください。
4.研修料金の入金 お申込み後、弊社より請求書を送付いたしますので、研修日前日までに現金銀行振込にてご入金ください。※貴社支払い事情がある場合は研修申込の時点でご相談ください。
5.受講人数の確定 受講人数を確定してお知らせください。変更は可能ですがテキスト等の準備の関係上なるべく1週間前までには人数を確定してください。
6.研修準備 研修では貴社の内部監査書式を利用いたします。申込後、別途ご案内する準備事項に従ってご準備をお願いします。
その他 講師の交通や食事は自前で手配いたします。送迎をはじめ、講師への食事やお茶のご用意、その他ご配慮は不要です。

以上、ISO支援ネットの内部監査員研修のご案内でした。
まずはお見積りのご依頼をお待ちしております。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。


ISO支援ネットは株式会社ウイズダムマネジメントが運営しています。

活動日記をブログで公開しています。「ISO支援ネットの活動記録


 

 

 




2015年版対応の内部監査チェックリストのサンプルを配布しています

[品質]ISO9001:2015チェックリスト(エクセル)




[環境]ISO14001:2015チェックリスト(エクセル)