ファブレスメーカーでのISO9001取得コンサルが増えています

ファブレスメーカーでのISO9001取得のコンサルティングが増えています。

最近では、工場のないファブレスメーカーもISO9001を取得するニーズが出てきてています。

理由は2つあると思います。

1つは、ファブレスメーカーの数が増えていること。

近年、工場を持たないメーカーが増えていますね。企画や開発設計を自社で行い、製造部分は、外注に依頼したり、海外の工場で製造するといった事業をしている企業が増えています。

工場をもたないことで、資金や資源的にも気軽に事業が立上げられること、アジアを中心に製造を依頼できる工場が増えていることも関係があると思います。

もう1つの理由は、

ファブレスメーカーの増加に伴い、ファブレスメーカーと大手企業との取引きが増加していること。

ファブレスメーカーの企画力、開発力、生産力(生産ネットワーク)が高くなって、大手企業と取引きが増えています。

これまで当社に認証取得のコンサルのご依頼があったファブレスメーカーのほとんどが、大手企業と取引きをするにあたり、ISO9001が必要になったとのことでした。

 

日本国内の製造業では、大手企業と直接取引しているメーカー工場では、そのほとんどがISO9001を取得していると思います。

大手企業では、商社に対してもISO9001の取得を要求しているケースがあるので、ファブレスメーカーにもISO取得を要求するのは必然の流れかと思います。

 

認証取得の方法、品質マニュアルの作成

製造工場をもたないファブレスメーカーがどのように品質マニュアルを作成し、ISO9001を取得するのか...

 

ISOはどんな業種業態でも取得できるシステム規格なので、各企業の事情に合わせてシステムを構築することになります。

なので、工場がない自社の活動そのままをシステム構築(ルール化)すれば良いだけです。品質マニュアルはどんな業態の企業でも問題なく作成できます。

 

システム構築について、当社のコンサルティングではお客様の既存の仕事のやり方をそのままルール化(マニュアル化)することを方針としているので、新しい特別なシステム(ルール)ができる訳ではありません。

品質マニュアルを作成する際も、仕事のやり方をヒアリングした上で代理作成します。

「明日からこの品質マニュアルの通りに仕事をしてください」といった新しいルールを押し付けるようなことはありませんのでご安心ください。

 

ISO支援ネット