ISOのための、ISO活動はやめましょう。もっと自然に

ISO9001または14001のコンサルティングをしていて、ときどき思うこと。

そして、判っていただきたいこと。

ISOの運用というのは、ISOのためにやるのではなく、自社のためにやるものです。

ISOは規格要求事項として、あれやれ、これやれ、と色んなことを要求しています。

その要求に対して
「ISOが要求しているから、これをやっている。要求がなければ、やらない」

もし、そんなことがあるのであれば、恐らく、それはやらなくていいことを、無駄にやっている可能性が高いです。

だったら、やらなくて良いのか?
規格の要求は満たさないといけないので、今とは違う方法で要求を満たすべきです。

 

先日、ISO9001とISO14001のコンサルティング先でこんなことがありました。

ISO9001の8.4項では、「外部提供者(仕入先、外注先など)を再評価しなければならない」という要求事項があります。

要求事項の意味は、
外部提供者(仕入先、外注先)と、取引をしている中で、このまま継続しても問題がない取引先であるか、どうかを評価してくださいという要求です。

この要求事項に関して、次のような質問がありました。

「取引先を再評価しないといけないんですか?」

質問の経緯は、コンサルタントである私が「ISOの要求事項全般について、ISOのためにやるんだったら、やらなくていいですよ」と再三申し上げていたのを受けられて、「仕入先の再評価は意味がない」と感じられ、このようなご質問をいただきました。

私の回答としては、

再評価は規格が要求しているので、やらなければなりません。

再評価をやならなくても良いか、または、やりたくない。という以前に、問題がないから取引を継続されていらっしゃると思います。

その『問題がない』と感じられていること、そのものが再評価です。なので、ISOから要求される以前に、再評価をされていると思います。

やりたくないと仰っているのは、「ISO的な再評価」であり、やりたくない、面倒だと感じられているISO的な再評価(ISOのためにやっている再評価)は、是非、やめにしていただいて、

「問題ない」と感じている事実、根拠は何なのか、問題ないと感じられるまでの流れそのものを再評価の方法(ルール)にすれば良いと思います。

「こうだったら問題ない、取引継続!」という条件を明確にしてください。

と回答しました。

この再評価もそうですが、ISOの要求を大きく捉えて、大きなイベントになっているケースが多いです。

ISOが要求しているのは当たり前のことで、わざわざイベントにしなくても自然に満たしていることも多いです。

 

ISOのためのISO活動はやめましょう。

今回の言いたいこと、判っていただきたいこと、でした。

ISO支援ネット