商社でISO9001・14001を取得する場合の考え

【商社とISO】
近年、商社を営んでいる企業様よりISO取得コンサルのご依頼をよくいただくようになりました。

ひと昔前まで、ISO9001は工場を持っている製造業が取得する国際規格というイメージがありました。ISO14001の環境規格も同様にです。

しかし、最近、商社でもISO9001、ISO14001の取得を取引先(お客様)から求められることが多くあるようです。

大手企業と取引するにあたっては、商社でもISO9001は取得していて当たり前の時代になりつつあります。

 

【なぜ大企業はISOを要求するか】

なぜ、大手企業は、商社を含めた取引先(仕入先)に対して、ISO9001や14001の取得を要求するのでしょうか。

大手企業では商社を含めた仕入先の評価と管理を実施しています。
万が一、仕入先の工場の生産の停止や、仕入れた部品の不具合、リコールなどの問題が生じた場合、大手企業にとって被る損害や影響は計り知れません。

大きな問題が発生しないように、商社や仕入先メーカーを厳重にチェックする必要があります。仕入先が商社であっても、その商社がどこの工場から製品を仕入れているか、商社が仕入れている工場まで監査に行くこともあります。

大手企業は、仕入先起因の問題が生じないように、仕入先でしっかりとした生産活動、管理活動、事業活動をしていて欲しいのです。

そこで登場するのがISOです。

ISO9001は製品(サービスを含む)が出来上がるまでのプロセスを管理する国際規格です。

ISO9001を取得していることは、最低限の管理プロセスが構築され運用されているが、審査機関・認証機関より認定されます。

大手企業としては、自ら仕入先の監査に行かなくても、ISOの審査機関が自社に代わって管理プロセスを審査をしてくれることになります。

 

ISO14001も同様に、大手企業としては、環境に配慮した企業と取引きすることが昨今のスタンダードとなっています。
仕入れる製品に環境有害物が混入していたり、仕入先の生産過程であっても、そこで排出される廃棄物や汚水、排気ガスについて法令違反が発覚すれば、自社ブランドを傷つけるリスクがあります。

こちらも9001と同様に、仕入先がISO14001の認証を取得してくれれば、一定の環境管理の仕組みが構築されるていることや、法令順守について審査機関がチェックをするので、自社で監査をする必要性が小さくなります。

 

大手企業もISOを取得しているので、仕入先や商社がISOを取得すると、管理水準は異なるにせよ、共通のシステムで生産活動、管理活動が実行されることになります。

 

大手企業と仕入先において両社がISO9001を取得すると、共通の品質管理の考えが根付くわけです。

当社がISO9001のコンサルティングをした企業様から、
「ISO9001を取得して、今まで顧客が要求していたことの意味がわかった」
ということをよく聞きます。

 

【商社がISOを要求される理由】
商社の話に戻ると、なぜ最近になって商社でもISO9001を取得する企業が増えたか、それは、製造業ではISO9001が当たり前になり、品質管理の考えが根付きつつあるなか、大手と仕入先メーカーの間に入っている商社だけが、品質管理の考えが不足していることが露見し始めたからです。

その溝を埋めるべく、大手からの要求がきっかけでISO9001を取得する企業が増え、当社にも商社関係の企業からご依頼を多くいただくようになりました。

 

【商社でISOは大変なのか、間違いと偏見】(是非、お読みください)
商社がISO9001を取得するとなると、社内で「大変だ」「面倒だ」という声が聞こえてきそうです。

実際に、私が過去にISOコンサルティングさせていただいた商社では、どの会社でも社内からISOに対する否定的な声がありました。

ISOに対するネガティブなイメージがあるのは、これまで取引先(大手企業)から事あるごとに品質管理の要求が増え・強まり、うんざりされていることも原因かと思います。

「ISOを取得するとなると、今でも大変なのに、今以上にもっと大変になる!」

商社で働く方々、特に営業の方々は、自社がISOを取得すると聞くと、歓迎される方もいらっしゃる一方、「恐怖」が増す方も多いはずです。

 

「ISOを取得すると大変になる」それは間違いで、ISOを導入すると負担が増えるというのも偏見です。

一般的に、大手企業が要求する品質管理の水準は、ISO以上です。
ISO以上である顧客要求に、これまで応えてこられたのでしたら、ISOなんて怖くありません。

ISOを取得すれば、これまで顧客から品質管理について厳しく要求されていたことも「当社はISO9001を取得しています」という一言でクリアできることにもなります。

 

しかし、ISO取得によって負担が増えている商社もあるのは事実だと思います。それはISOの導入の仕方が悪かったことが原因です。

 

ISO導入に際して、顧客やコンサルタントの言いなりとなって、大手企業と同等の高い品質管理レベルでルールを構築する企業もあるようです。それは絶対にお奨めできません。

 

【システム構築の仕方に要注意】
ISOを取得するのは大変ではありません。ISOを取得するからといって、今の仕事のやり方を変える必要はほとんどありません。

商社だからと言って品質管理を全くやっていないわけではないと思います。何らかの管理や品質向上に努めているはずです。

ISO9001の導入し取得するためには、商社としてどのような管理をしているか、今の仕事のやり方を明確にして、今まで通りの仕事をするだけで良いのです。

しかし、ISOでは、「あんなことをしないといけない」「こんなことをしないといけない」とこれまで顧客や仕入先の間で見聞きしたことを思って不安に感じられる方も多いと思います。

また、実際にISOが足かせになっている商社をご存知の方も多いと思います。それは、身の丈に合っていない過剰なシステムを構築したからです。
製造業であれば製造業として、商社であれば商社として自社の身の丈にあったシステム構築と運用をすることがISO導入の大切なポイントです。

 

ISO支援ネット