商社でISO9001・14001を取得する場合の考え

近年、商社を営んでいる企業様よりISO取得のご依頼をよくいただくようになりました。

ひと昔前まで、ISO9001は工場を持っている製造業が取得する国際規格というイメージがありました。ISO14001の環境も同様です。

しかし、最近、商社でもISO9001、ISO14001の取得が求められることが多くあるようです。

大手企業と取引するにあたって、製造業であればISO9001は取得していて当たり前のような時代になりつつあります。
良いか悪いか、ISOを取得すると、ISO9001であれば品質マネジメントシステムを構築して運用することになります。

「良いか悪いか」と表現するのは、システム構築や運用を負担に感じている企業も多くあり、ISOが足かせになってメリットのない活動となり、「本当はISOを取りたくない」と思っている企業が多い現実があります。

そこはさておき、大手企業にとって仕入先が品質マネジメントシステムを導入すると、取引きをする上で管理ややり取りが楽になるのです。

大手が仕入先に対して要求している品質管理のベースは、ISO9001の品質マネジメントシステムの要求事項と同じです。
どれくらいの管理をやってほしいという要求の程度は、大手企業にとって様々ですが、ベースはいずれもISO9001です。

ISO9001を導入すると、大手企業と仕入先において共通の品質管理の考えが根付くわけです。

私もISO9001のコンサルティングをした企業様から「ISO9001を取得して、顧客が話していた意味がわかった」ということをよく聞きます。

商社の話に戻ると、なぜ最近になって商社でもISO9001を取得する企業が増えたか、それは、製造業ではISO9001が当たり前になり、品質管理の程度は別にして、品質管理の考えは根付きつつあるなか、大手と仕入先メーカーの間に入っている商社だけが、品質管理の考えが不足していることが露見し始めたからです。

要求されてか、主体的にか、その溝を埋めるべく商社でもISO9001を取得する企業が増えています。

商社でISO9001を取得するとなると、「大変だ」「面倒だ」という声が聞こえてきそうです。
実際に、私が商社でISOコンサルティングをする際も、商社内にそういった声が少なからずありました。

大変ではありません。ISOを取得するからといって、今の仕事のやり方を変える必要はほとんどありません。
商社だからと言って品質管理を全くやっていないわけではないと思います。何らかの管理や品質向上に努めているはずです。

ISO9001の導入にあたり、商社としてどのような管理をしているか、明確にして、その通り、今まで通りの仕事をするだけで良いのです。

しかし、ISOと言えば、「あんなことをしないといけない」「こんなことをしないといけない」とこれまで顧客や仕入先の間で見聞きしたことを思って不安に感じられる商社の方も多いと思います。

実際に、ISOが足かせになっている商社をご存知の方も多いと思います。それは、身の丈に合っていない過剰なシステムを構築したからです。
製造業であれば製造業として、商社であれば商社として自社の身の丈にあったシステム構築と運用をすることがISO導入のポイントです。

 

ISO支援ネット