ISO9001取得後の継続・運用コンサルは不要、コンサルティングに依存しない

ISO9001の取得を検討されている企業では、取得後の運用負担を心配されている方も多いと思います。

 

それは、「ISO9001を維持・運用していくのは大変」という噂をお聞きしているからではないでしょうか。

もしかすると噂ではなく、実際にISOを取得している企業の人から、そんな感想を聞いていて、「ISOは大変だ!」と不安になられているかもしれません。

 

でも、その不安やご心配は不要です。

 

当社では、ISO9001の取得の負担はもちろん、取得後の維持・運用の負担もないようにシステム構築をコンサルティングしています。

 

なので、ISO9001を無理なく取得して、取得後も負担なく維持運用をしていただけます。

 

その理由を解説します。

ISO9001を取得するために何をするか、簡単に言うと「ルールづくり」です。

 

「ISOは大変だ!」と言っている企業の人は、事実、大変なのだと思います。それは大変になるようなルールをつくっているからです。

 

大変なルールとは、例えば、

・どんな作業でも手順書をつくる

・何をするにも記録を残す

・どんなことをするにも、上司の承認(ハンコ)をもらう

 

ISOを取得する前にはしていなかった上記のような事を、ISOを取得するからと言って、「やるというルール」にして、「大変だ、大変だ」と言っている企業が沢山あります。

 

手順書を作成すれば、更新や管理の手間が発生し、

記録を残すためには、発行する手間、保管する手間がかかり、

上司の承認(ハンコ)は、印をもらうために時間がかかり、漏らしていれば指摘され、

ルールを作ったばかりに、自分たちの首を絞め、手間も時間もかかるISO活動になってしまうということがあります。

 

誤解があってはいけないので、お断りしておくと、ルールを作ること、文書や記録を発行すること、上司に承認をもらうことを否定しているのではありません。

否定していることは、「誰も必要としていないのに、ISOのルールだからと言って、手間をかけること」これを否定しています。

 

 

ISO9001:2015の規格では、「事業活動とISO活動を統合してください」と要求しています。

平易に言うと、日常業務、そのものをISOの活動にしてください。

昔は、ISOのためのISO活動をしている企業が沢山ありました。今でもそれを続けているところもあります。

 

当社のコンサルティングでは、通常の活動、日常業務をその通りにルール化させていただきます。

なので、今までの仕事と同じやり方で、ISOを維持運用できます。

 

ISOのコンサルティング先で、ISOと言えば文書化と思われ、新しい文書や記録を用意しようとされることがあるのですが、当社のコンサルティングでは「ISOのための文書だったら作らないでください」と申し上げています。

 

 

ご説明のとおり、ISO9001はルールづくりです。

無理な負担のあるルールをつくると維持運用が大変です。

シンプルなルールで取得すれば、その後の維持運用も簡単です。

 

当社は維持運用まで考えたISOコンサルティングを提供しています。

従って、当社では取得後のコンサルティングを想定していません。

維持運用のコンサルティングがなくても問題なく、負担なく運用していただけるルールをつくっているからです。

 

ISO9001取得後も負担なく運用されたい企業様は、当社にご依頼ください。

 

 

[すでにISO9001を取得されている企業にご案内]

次のような状況の場合はご支援させていただきます。

・ISOを負担なく前向きに活用したい。

・一人の担当者に任せて全社的な運用ができていない。

・分厚いマニュアルを一から作り直したい。

 

まずは、メールにて貴社の状況とご要望をお知らせください。

その際、取得の事業内容、人数、サイト(住所)情報をお書き添えください。

 

 

ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング

コンサルティング料金表

内部監査員研修のご案内

コンサルティングも研修も、いずれも全国対応しています。