ISO9001取得は負担がかかるか、ISO規格の意味を理解

取引先の顧客からISO9001を取得するように要請があった。
困ってしまいますよね。
噂によると「ISO9001ってとても負担がかかる」らしい、ただでさえ人手不足なのに、ISOのせいで今以上にやることが増えたら、社員も悲鳴をあげてしまう。

会計業務を税理士や会計士に任せているように、ISOも外部のコンサルタントに頼んで、余計な負担がかかることは全部外部に任せよう。
そんなことをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ISO9001取得と維持=負担がかかる

こう考えている方は、ISO9001のことを少し、もしかしたら、とても誤解しています。
周囲の噂で「大変だ」と言っていることに惑わされているかもしれません。

そんな方は、ISO9001って何をする規格なのか、まず、そのことを理解されることをお奨めします。

ISO9001は、何をする規格か、大きく2つの側面があります。

1つは、「仕事のルールを明確にする規格」であり、
もう1つは、「顧客満足と改善の規格」です。

仕事のルールを明確にするという意味ですが、ルールと言うと面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ルールは組織がスムーズに活動できるために欠かせないものです。

ISOを取得していないどんな企業でも、必ず自社のルールが存在し、ルール通りの活動しています。

私はこれまで従業員が5名未満の企業から1000人超の企業のISOコンサルをしてきましたが、ルールがない企業は1つもありませんでした。当然のことかと思います。どんな企業も毎日決まった原則で活動しているからです。

これを読んでいる皆さんの会社にも必ずルールがあるはずです。ルールと言うと難しく考えてしまうかもしれませんが、その会社に定着している仕事のやり方です。それがルールです。
仕事のやり方が定着していないと、毎朝、社員が出社してきて、それぞれがどのように動けば良いのか混乱してしまいます。
混乱していないということは、そこに立派なルールがあるということです。

どんな企業にも定着した仕事のやり方、ルールがあることはご理解いただけたと思います。

もう1つの「顧客満足と改善の規格」ということですが、
お客様を満足させて売上をどんどん上げていこうというのが企業組織です。
加えて、ミスや間違いを発生させないように効率よく仕事をしていこうというのが組織でもあります。
ISO9001の顧客満足とは売上を上げていく規格であり、改善はミスを減らして効率よく仕事をしていくように工夫をしようということです。

ISO9001は負担を増やすためのルールではなく、仕事をスムーズに、且つ、顧客の満足をどんどん高めて売上を上げていこうという規格です。

余計な仕事や活動をする規格ではありません。

顧客満足を高めて売上を上げていく、色んな工夫をして改善して、仕事をしやすくする、これがISO9001が考え、求めていることです。

ISO9001って大変だよ。と言っている企業の人たちは、全くこのことを理解せず、売上や改善につながらないルールを作って、悲鳴をあがているだけです。

これからISO9001を取得されようとしている企業の方には、「ISOは負担が大変」と言っている企業の人たちと、決して同じ轍を踏まないようにしていただきたいものです。

取引先からの取得要請があり、ISO9001は負担がかかるから取りたくない、と思っている企業の皆様、ISOは負担がかかる規格ではありません。それは間違いです。

ISO9001は自社が毎日取り組んでいる活動をきちっとルール化して、顧客満足を高め、効率よく働けるように改善する規格です。

ISO9001を取得して運用していくことは、顧客満足を向上させ、改善を実行していくツールを導入するということです。 会社がどんどん良くなっていくことを目指す規格を導入するということです。

[この記事を書いた人]
長谷川 順  ISOコンサルタント、株式会社ウイズダムマネジメント代表。
1975年 京都府生まれ、12歳から東京に移り住む。26歳で経営コンサルティング会社に転職、現職。2004年・29歳のときに「ISO支援ネット」事業を立ち上げ、自ら全国の企業に訪問しISOコンサルティング、ISO研修を継続中。わかりやすく実践的なISOを提唱。ISO9001審査員補、ISO14001審査員補(JRCA登録)。