社長と社員、2人の会社がISO9001を取得しました

ISO9001の認証取得コンサルをしているISO支援ネットです。

このほど2名の企業のISO取得のコンサルをしました。

社長と従業員、計2名で事業をされている東京の製造業です。

話の前に、コンサル会社を簡単に紹介

当社・ISO支援ネットは、東京をはじめ全国でISOコンサルティングを提供しています。

北海道から九州までコンサル実績があり、コンサルティング料金も出張費不要、全国均一価格です。

コンサル料金を公開しています。ISO支援ネットのコンサル料金表

2名の会社がISO取得する、大変か?負担は?

さて、こちら東京の2名の会社ですが、もちろん無事にISO9001を認証取得いただけました。

小さな会社でISOを取得するのは大変だと想像される方もいるかもしれません。

しかしながら、ISO9001を取得する場合、最近では人数が少ない方が取得しやすくなっています。

なぜなら、

ISO9001を取得するために必要なことと言えば、

活動をルール化して、ルールどおりに業務を行うということだからです。

ルールと聞くと難しく解釈する人もいますが、簡単に言うと、日々の業務のやり方を明確にするということです。

ルーティンとか、日々の流れとか、仕事の流れが決まっているということがルール化するということです。

人数が多い会社であれば、人の数だけバラバラのルールがあったりします。

ISOを取得するには、ルールを統一して、ルールを社内に周知し、定着させ、ルール通りに業務をしていることの実績をつくらなければなりません。

なので、従業員の人数が50人とか100人とか多ければ多いほど、バラバラの考えや各自のルールを統一させるのと、周知して定着させるのに、時間や手間がかかります。

文書作成とか負担がかかるのでは?

ルールを統一したり定着させるために、人数の多い会社ではルールや手順の文書化をしていましたが、人数の小さい会社や2人の会社では、ルールの統一や定着に文書は必要ありません。

従業員の人数が2名など、少なければ少ないほど、ルールが沢山ある訳ではないので、ルールを統一するのも周知するのも楽なわけです。

もし、従業員が2名~3名の会社で、ISO9001取得を迷っている会社がありましたら、人数の少ない事を利点として是非チャレンジしていただければと思います。

その際は是非お声をおかけください。

コンサルティングの費用も負担では?

当社・ISO支援ネットのコンサルティング料金は、従業員の人数別で金額を設定しているので、コンサル料金も人数が少ない方がお得です。(出張交通費は無料です)

そうは言っても本当は大変なんでしょ

今回取得された2名の製造業の経営者も、当初は2人の会社ではたしてISOを取得できるのか、大変心配していらっしゃいました。

心配の原因をたどると、「ISOを取得するのは大変だ」「大企業がやっているような品質管理をしないといけない」「たくさんの文書を作成しないといけない」と、ISOに対して、とても負担がかかるイメージをお持ちのようでした。

確かに10年前、20年前は、想像されていたような負担が少なからずありました。

この間にISO9001が何度か改正され、2020年を過ぎて現在のISOはどんな規模の会社でも取得しやすい規格に変わっています。

ISOの要求事項には自由度がある

先にも述べたように、現在では従業員数が2名のような小さい会社の方が取得しやすい規格です。

例えば、ISOの文書について触れると、

10年前、さらに20年前は、ISO取得にあたり品質マニュアルや手順書など沢山の文書作成が要求されていました。

最新のISO9001規格では、ルールの文書化は全く求められていません。手順書がゼロでも取得できるようになりました。

文書化については、人数が多い会社や、人の出入りが多いなど、文書が必要と思う会社は作ってください。という要求に変化しています。

なので、自社の判断で文書を作ったり、作らなかったり自由度がある訳です。

文書を作る事を推奨するコンサルタントもいるので、自社に合ったコンサルタント選びも重要かと思います。

ISO支援ネットのコンサル方針

当社・ISO支援ネットでは、品質マニュアルはコンサルタントが丁寧にヒアリングして代理作成し、その他、規定などの手順書類は無し(ゼロ)で取得することを基本としています。

その他、帳票類も極力ゼロを目指して最低限の書類で取得を支援しています。

文書を増やしてしまうと、ISOを取得した後もそれらの文書を維持したり管理したりすることが必要となってしまいます。

人数の多い会社であれば、文書管理を担当するスタッフも用意できるかもしれません。

しかし、社員数が2名、3名と小さい会社であればそんな余裕はありません。

少人数の会社では出来るだけ少ない書類で取得することが、ISOを負担なく簡単に取得し、長く維持できることにつながります。

[この記事を書いた人]
長谷川 順  ISOコンサルタント、株式会社ウイズダムマネジメント代表。
1975年 京都府生まれ、12歳から東京に移り住む。26歳で経営コンサルティング会社に転職、現職。2004年・29歳のときに「ISO支援ネット」事業を立ち上げ、自ら全国の企業に訪問しISOコンサルティング、ISO研修を継続中。わかりやすく実践的なISOを提唱。ISO9001及びISO14001審査員補(JRCA登録)。


記事を書いた人の動画を見る


ISO9001の取得方法「ISO9001は負担なく取得するのがオススメ」




ISO9001取得動向、どんな企業が取得している?取得後はコンサル不要!



ISO支援ネット

ISO支援ネットのコンサルティング


ISO9001コンサルティング料金


内部監査員研修